バラ部会スタッフブログ

フラワーバレンタイン

2月2日(土)フラワーバランタインのPRイベントを名古屋の栄で行いました。

 

バレンタインと言えば『女性から男性にチョコレートを贈り愛を伝える日』と日本では定着しています。ところが欧米諸国ではバレンタインに男女が互いにカードを贈りあうことで日頃の感謝や愛情を伝え合うそうです。男性はカードとともに『花束』贈ることが一般的だそです。

 

日本にもこういった風習を定着させることが『フラワーバレンタイン』のPRイベントの目的で、今回は愛知県、JAあいち経済連、県内JA、花き関連団体で共同で花束の配布を行いフラワーバレンタインをPRしました。

 

イベントの様子をテレビ局や地元新聞社に取材していただきました。こういった取り組みがテレビや新聞で取り上げられて定着していけばバラの物日として期待できると思います。また、花束を受け取りその場で彼女に花束を手渡すカップルも見られたそうです。

 

フラワーバレンタインはまだまだ定着していないと思いますが、今後の動きに注目したいと思います。

 

会場で配布した花束のうちバラをJAひまわりバラ部会より提供させていただきました。

 

JAひまわり 指導 金子

 

2013.02.12

イレギュラー

普段バラを栽培してると、たまに変わり者、不思議ちゃんが現れることがあります。

20130207-170301.jpg

アヴァランチェとスウィートアヴァのハーフ&ハーフ。

20130207-170624.jpg

なぜか片一方にだけ集中して葉っぱがついたり。

20130207-213032.jpg

全くもって青々しくなる気がないヤツが出たり。

フシギデスネェ‼

2013.02.07

関東東海花の展覧会

1月30日に関東東海花の展覧会の出品準備に行ってきました。 『関東東海花の展覧会』は関東東海地方の1都11県と6つの花き団体が主催する日本で最大規模の花の展覧会で、今年で62回目を迎えます。

 

バラやキクを中心に多くの出品物が準備されていました。30日は準備日ですが、会場は多くの生産者や大会関係者でにぎわっていました。

ひまわり農協バラ部会からも4点出品させていただきました。

 

↑ピンクST品種、『ブロッサムピンク』人気のある品種です、ボリュームもしっかり出ていました。

 

↑ピンクST品種『セイレーン』ピンクの定番品種、ボリューム・咲き前がしっかりとそろっています。

 

 

↑赤ST品種『サムライ08』赤の代表的な品種です。

 

 

↑ピンクSP品種『スプラッシュセンセーション』個性的な色目で会場でも目立っていました。輪数もしっかりとありボリュームがあります。

 

関東東海花の展覧会の一般公開は2月1日(金)から3日(日)までの3日間です。会場には巨大な花のアレンジもあり非常に見ごたえのある展覧会だと思います、お近くの方は是非会場で見学していただければと思います。

 

JAひまわり 指導 金子

2013.01.31

品種紹介 レッドエレガンス

昨年栽培を始めた赤バラ、レッドエレガンスを紹介します。花のボリュームとロゼット咲きをするのが特徴です。圃場で写真を撮影しました。

定植1年目の株です、花のボリュームと長さがしっかりとあります。花が非常に大きいのがよくわかると思います。

 

トゲは非常に少ない品種です。またうどんこ病にも比較的強く栽培しやすいと思います。花の色はやや暗い赤色です。

 

蕾の状態のレッドエレガンスです。この状態でも芯が2つあるように見えます。咲いた状態の写真は『品種紹介 新品種』のページに掲載されているので是非ご覧ください。

赤バラといえばサムライ08やレッドスターが定番品種ですが、ロゼット咲きをするレッドエレガンスも赤バラのひとつの選択肢として定着していければと考えています。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

 

 

 

 

2013.01.24

栽培圃場(ベイブ)

未だ公開していなかった記事を遅ればせながら公開します。

 

11月16日(昨年)に巡回した圃場を紹介させていただきます。栽培している品種はベイブです。

9月下旬から10月中旬まではうどんこ病に悩まされる時期ですが、今年はうどんこ病をしっかりと防除できたそうです。こちらの圃場はまもなく出荷のピークを迎えるそうです。

圃場の状態は添付した画像の通りです。1m以上の長さと花のボリュームがしっかりしているバラがたくさん立っており、壁のようになっています。70㎝を中心に出荷を予定しています。

11月に入り気候が安定したため、病害虫の影響はほぼ見られなくなり出荷物が安定してきたと思います。暖房も本格的に行っており、年末に向けてしっかりと出荷が行われると思います。

JAひまわり 指導 金子

2013.01.18

新年、あけまして御目出度うございます。

平成25年1月1日
新年あけまして御目出度う御座居ます。
皆様に於かれましても幸多い年で有ります様祈念致します。

 

 

近所の温室越しに「初日の出」を撮影しました。
この太陽の力を頂いたバラ達が、明日から出荷されます。
昨年同様、一層のご贔屓をお願いします。

 

2013.01.01

年末…それでもバラは咲いてくる

こんにちは。

JAひまわりバラ部会は今日が年内最終出荷でした。

20121228-132500.jpg

今年は普段ひまわりのバラを使って頂いてる花屋さんに産地を見て貰う機会を増やしたり、今までの検査を更に厳しくして共選産地としての品質にこだわったり、このホームページを立ち上げたりと、いろいろ動けたんじゃないかと思います。

来年はもっとこのホームページやブログで産地の情報をガンガン発信していきますので、来年も是非見て頂けたらと思います。

2013年は1/2から出荷が始まります。
年末年始だろうがバラたちは元気に咲いてきます。

正月も働きまっせ‼

2012.12.28

花が多すぎて休めん!!って冬希望

めっきり寒くなった今日この頃。

バラをこの冬もしっかり出荷する為に、ガッツリ加温をしてます。
って事で、今回はこの時期のハウスの環境を紹介します。

20121226-193743.jpg

上のグラフは12/25の一日通してのハウス内のデータです。
赤が温度、青が湿度、黒が光合成に必要な二酸化炭素濃度です。
グラフの横が時間帯、縦が数値、温度と湿度は10刻み、二酸化炭素濃度は100刻みで見てください。

 

ハウスの加温手段としては、昔は重油を使った温風暖房機や、温湯ボイラーなどが主流でしたが、数年前からの重油の高騰で、今はすっかりヒートポンプ式エアコンに変わってきてます。なので、暖房機は補助暖房として使ってます。

今はエアコンの設定温度が20度、暖房機を17度にして(生産者によって差があります)加温をしてるんですが、この時期はエアコンはどうしても霜取りが入っちゃうので、その瞬間下がる温度を暖房機で補ってる訳です。

グラフをみれば分かるんですが、夜の間のギザギザの分だけエアコンが止まって暖房機が動いてるんです。
一応温度はしっかりついてるみたいですね。

ちなみにこの日の最低気温は0度でした。

 

ただ、昼間は晴れてればグラフの通り、26度くらいまで上がるんです。ただし湿度も高めなんで、仕事してると汗ばんできます。

あとは、昼の間少しでもバラに光合成をしてもらうために、CO2濃度が400ppmを切らないように炭酸ガスを補充してます。

 

こんな感じで冬の間も需要にしっかり応えれるよう出荷してきますんで。

 

しかし、光熱費が…

2012.12.27

赤バラ取材対応

12月20日にクリスマス前の赤バラ出荷の様子を地元新聞社、テレビ局に取材していただきました。

 

 

 

圃場でバラを切る様子を取材していただきました。花切りの様子は地元テレビ局のニュースで放送していただきました。

 

 

作業部屋で行う花の選別作業も撮影していただきました。翌日の新聞などに掲載していただきました。

 

毎年恒例となっているクリスマス出荷の取材対応、今年も無事対応できました。テレビカメラがあったので自分も緊張しました。クリスマス前の出荷で忙しい中、対応していただきありがとうございました。

 

JAひまわり 指導 金子

2012.12.26

生産者の特権!?

大工が造る自分の家、料理人が自宅で作るおもてなし料理的な感じで

バラ生産者がバラを使うと!?

ってことで、今回はとあるバラ生産者さんの結婚式で使われたアレンジを紹介。

 

基本的に自分で作ってるバラをメインに使ったそうで、自分で作ってないものは部会の生産者さんに
協力して してもらって調達したそうです。

それを知り合いの花屋さんにアレンジを頼んで製作してもらったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャペルではドロミティ、ビビアン、クリームイヴピアッチェを使ったアレンジ。

 

 

披露宴では、バラは全てブラッドオレンジを使ったアレンジ。

秋っぽく落ち着いたイメージのアレンジにしたとのことです。

惜しげもなく使ってますねぇ。

 

あと写真はないんですが、ブーケはクロッシュドマリアージュで作ったそうです。

 

やっぱ祝いの場所でのたくさんの花は華やかですね。

2012.12.23