バラ部会スタッフブログ

圃場訪問

出荷会議の翌日に圃場訪問を行いました。

昨日の会議に参加していただいた市場の担当者様とともに、新品種や部会の主力品種を栽培している圃場を中心に巡回しました。

 

RIMG5344

部会の栽培面積は約56,000坪です。とても全ての圃場を案内することはできませんが、できる限り多くの圃場を見学していただきPRできたと思います。

自分の栽培温室を他の部会員や市場担当の方に見学してもらうのは非常に緊張すると思いますが、こうした取り組みは部会員同士の意識向上に大きな効果があります。圃場を提供してくれた生産者の皆様、ありがとうございました。

 

RIMG5345

新品種のブラッドピンクです。花にボリュームがあり、本数もしっかりと立っており順調に栽培できていました。

 

RIMG5342

 

圃場訪問で管内の圃場を巡回しつつ、地元の福祉施設にアレンジフラワーを贈呈させていただきました。

今年もアレンジフラワーを楽しみにしていただいたようで、私たちも施設の方たちから元気をいただきました。

受け取っていただきありがとうございました。

市場の皆様、出荷会議・圃場訪問と2日間にわたりご参加いただきありがとうございました。今後ともJAひまわりバラ部会をよろしくお願いします。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

2013.11.22

バラ部会出荷会議

平成25年11月14日、平成25年度のバラ部会出荷会議を行いました。

今年も取引市場全10社の担当者様を招いて、出荷会議を行うことができました。今年は分散会の他に、京都大学経済研究所の佐分利准教授による講演や品種展示、バラ部会の交配品種のアンケート調査など盛りだくさんの内容でした。

 

RIMG5289

こちらの写真は取引市場のあいさつの様子です。短い時間で申し訳ありませんでしたが、私たちのバラを販売されている方の想いを直接聞くことのできる貴重な時間でした。

 

RIMG5295

今回の出荷会議のメインのひとつである佐分利先生の講演です。『新時代のバラづくり』というタイトルで今後、JAひまわりバラ部会が産地として生き残るためにはどうあるべきか、数多くの提言をいただきました。

フラワービジネスは感動創造産業という先生の言葉が私の印象に残りました。良いバラを作ることはもちろん基本ですが、フラワーバレンタインなどバラを使用する機会もセットで提供できてこそ今後産地としての生き残りのカギがあると思いました。

新しい取り組みには多くの困難がありますが、若くてフットワークの軽い生産者や経験豊富で若手を応援するベテラン部会員などお互いの良い面を出し合って、閉塞感のある今の時代に風穴を開けてほしいと思います。

 

RIMG5323

講演会の後は分散会を行いました。限られた時間ではありましたが市場情勢や私たちのバラの品質や産地に対する要望についてなど、いかにして今後のバラ販売を行うか協議しました。

日々私たちのバラを扱っていただいている方からの意見は私たちにとっては貴重な情報です、市場からの要望やクレームについては真摯に対応していきたいと思います。こうした話し合いを少しずつ重ねることで、次に何をするべきかヒントが見えてくると思います。市場の方の熱い想いも部会員へ伝わったのではないでしょうか?

 

RIMG5306

出荷会議会場には各種苗会社から提供していただいた新品種の展示も行っております。今年は生産委員会が平成23年に交配した部会交配品種の展示とアンケート調査も行いました。部会のオリジナル品種としてデビューする品種も出てくるのでしょうか?

 

RIMG5327

今年も会場の装飾はローズメイトの皆様にお願いしました。こちらのスタンドフラワーはレッドエレガンスとオレンジロマンティカを使用したボリューム満点の作品です。

 

RIMG5329

上の方に使われている枝モノが秋を感じさせるポイントです。

 

RIMG5316

会場の各所を彩ったアレンジフラワーです。バラ部会の出荷会議ということでバラを中心に使用した贅沢なアレンジたと思います。こちらの作品では新品種『ミントティ』を中心に使用しています。久しぶりのグリーン品種ということで注目度の高い品種です。

会場装飾に使用されたアレンジフラワーは今年も地元の福祉施設に贈呈させていただくことになっています。

 

今年も出荷会議が無事行われました。参加していただいた各市場の担当者様、講演をしてくださった佐分利先生、ありがとうございました。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013.11.20

としなが祭り

11月3日の文化の日に豊川市の福祉施設、『ホタルの郷』にて感謝状をいただきました。

IMG_2695

私たちJAひまわりバラ部会は出荷会議などで会場装飾に使用しているアレンジフラワーを地元の福祉施設に寄贈しております。平成18年よりアレンジフラワーを寄贈しており、今回感謝状をいただけることになりました。ホタルの郷さんが毎年1回行われている『としなが祭』というお祭りのなかで行われた式典で河合部会長が感謝状を受け取りました。

 

IMG_2698

今年の出荷会議は11月14日に行われ、アレンジフラワーをホタルの郷さんにお持ちする予定です。毎回アレンジフラワーを施設の皆様に喜んでいただいており、私たちもやりがいを感じております。

ホタルの郷の皆様、今年もアレンジフラワーを楽しみにしていてください。

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

2013.11.16

B-1グランプリ豊川④(豊川フェア)

11月9日・10日の2日間で行われたB-1グランプリ豊川、最後は豊川フェアに出展した花き連合のブース紹介を行います。

RIMG5249

こちらが花き連合のブースです、前日に作成したローズメイトのアレンジや豊川で生産された花が展示してあります。中央のアーチに使用してある花もすべて豊川産です。

ブース中央にはベンチがあり訪れた方の記念撮影が行えるようになっています。

RIMG5286

会場にはバラ、キク、スプレーマム、ユリ、トルコキキョウ、ガーベラなど様々な品目を展示しました。

 

RIMG5247

愛知県は全国1のバラ生産県です、そして豊川市は愛知県で1番のバラ生産量を誇っています。

 

以上が今回のB-1グランプリの報告です。2日間非常に多くの方にご来場いただきました。

大きなトラブルなく無事にB-1グランプリが行われてよかったと思います。

私たち以外にも非常に多くの方がこのイベントにかかわってきたんだと思います、皆様お疲れ様でした。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

2013.11.14

B-1グランプリ豊川③(十和田バラ焼きゼミナール)

今回は十和田バラ焼きゼミナールのブースを紹介させていただきます。

RIMG5274

午後1時ごろに伺ったんですがすごい行列です、さすが常連の人気チームです。入口に2体の天使の置物が持っているバラは前日にローズメイトが作成したアレンジフラワーです。画面左下をよく見るとバラ部会を紹介するパネルが展示してあります。

 

RIMG5241

サムライ08やクワトロッソなど十和田バラ焼きゼミナールの黒いタキシードに似合う赤バラをふんだんに使用しました。十和田バラ焼きゼミナールのイメージカラーは黒・赤なのではないでしょうか?

こちらのアレンジは天使の置物を見ないまま作成したのに丁度良い大きさで仕上がっています。作成したローズメイトの方の技術にも注目です。

 

RIMG5280

お店の前はバラ焼きの良い匂いがしています。看板に書かれている『バラ焼きでバラ色の人生を!!』の文字がいい味を出しています。

RIMG5278

バラ焼きを買ってくれたお客さんに『ラヴィアンローズ!』と元気の良い声でお礼を言っており、店内は活気に満ちていました。ところどころにローズメイトが作成したアレンジフラワーを飾ってくれています。

十和田のバラ焼きと豊川のバラが見事にコラボレートしています。

RIMG5275

お店の横が厨房となっています、バラ肉を焼いても焼いても間に合わないようでした。本当に人気のあるチームです。

RIMG5281

こちらがバラ焼きです。自分はバラ焼きだけかと思っていましたが、ご飯の上に載っているどんぶりものでした。炒めた玉ねぎとバラ肉の相性は抜群で、もちろんごはんともよく合います。

甘めのタレとバラ肉の脂がご飯に絡み、すごく食欲を刺激されます。これは並んでも食べたい逸品です。

 

RIMG5282

偶然にも十和田バラ焼きゼミナールを応援しているところを地元のテレビ局に取材していただきました。

以上が十和田バラ焼きゼミナールの紹介です。会場を後にする際に私たちも十和田バラ焼きゼミナールに投票して帰りました。今年の順位を聞いていませんが、かなり期待できるのではないでしょうか?

十和田バラ焼きゼミナールの皆様、お疲れ様でした。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013.11.13

B-1グランプリ豊川②(十和田バラ焼きゼミナールのステージ)

いよいよ始まったB-1グランプリ豊川、本日は十和田バラ焼きゼミナールのステージの様子をお伝えします。

 

RIMG5255

 

RIMG5253

まずこの人だかりです、こちらは稲荷公園会場ですが列に並んでいるお客さんの人数が多すぎて足の踏み場もありません!どこがどの列なのかすら分からない状態です。

B-1グランプリ豊川では2日間で45万名の来客者数を見込んでいるそうです、この日のために全国から多くの方が豊川市に集まってくれています。B-1グランプリのすごさを改めて感じました。

 

RIMG5262

午後1時より十和田バラ焼きゼミナールのステージが行われました。十和田市の高校生が十和田市の魅力やバラ焼きについてステージ上でPRしています。そしてバラ同盟を結んでいることからJAひまわりのバラもしっかりとPRしてくれました。

息の合ったパフォーマンスで、バラ部会の特徴をしっかりと説明してくれました。きっとすごく練習してくれたんだと思います。

 

RIMG5268

ステージの後半では私たちも上がらしてもらいました。JAひまわりの柴田組合長からも十和田市やバラ部会のPRを行いました。

 

RIMG5271

最後はバラ部会の河合部会長から十和田バラ焼きゼミナールにバラの花束を贈呈させていただきました。こちらの花束は昨日ローズメイトに作成していただいたものです。バラ焼きゼミナールの皆様にも喜んでいただけました。

実は会場へ移動する際にバラの花束を手に持って豊川稲荷の門前通りを歩いて移動したのですが、すれ違う方たちからの視線をすごく感じました。大きなバラの花束を持って歩いているのでかなり目立ったようでした、『すごい花束持ってる…。』という声を聞きながらフラワーウォーク状態で会場まで移動しました。なかなか良いPRになったと思います、やはりバラは人気のある花だと感じました。

次回は十和田バラ焼きゼミナールのブースを紹介させていただきます。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

 

 

 

 

2013.11.11

B-1グランプリ豊川①(準備編)

ご当地グルメの祭典B-1グランプリ2013が11月9日、10日の2日間に豊川市で行われました。

私たちJAひまわりバラ部会も豊川フェアの品種展示や先日バラ同盟を結んだ十和田バラ焼きゼミナールの会場装飾など、B-1グランプリに協力しました。

本日はローズメイトが行ったアレンジフラワー作成の様子をお伝えします。

RIMG5228

RIMG5229

アレンジフラワーの作成は前日の8日に行いました。豊川フェアのアレンジ・スタンドフラワー、十和田バラ焼きゼミナールのアレンジフラワー・花束など多くの作品を作成しました。

RIMG5230

こちらのアレンジは十和田バラ焼きゼミナールの店舗で使用するアレンジフラワーです、バラを中心に使用しています。

 

RIMG5235

こちらの大きなアレンジは、花き連合で出展する豊川フェアのスタンドフラワーとして使用されます。花き連合らしくバラ以外にもユリやスプレーマム、ガーベラなど様々な花材が使用されています。

 

RIMG5236

最後は花束です、十和田バラ焼きゼミナールを応援に行くときに手渡します。バラのみでつくられた非常に豪華な花束です。

 

ローズメイトの皆様ありがとうございました、作成していただいたアレンジがどのように使用されたのか次回以降のブログで紹介させていただきます。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013.11.11

B-1グランプリ

今日明日と、豊川市ではB-1グランプリが
開催されます。

20131109-092416.jpg

そんな中、豊川の生産者は出荷準備で
頑張ってマス‼︎

20131109-092023.jpg

2013.11.09

11月22日は『いい夫婦の日』です

11月22日=いいふうふと読めることから11月22日が良い夫婦の日と提唱されており、今年で25年目を迎えるそうです。

RIMG5036

JAひまわりバラ部会では11月22日にバラの花束を贈っていただくことを期待して、JAひまわり広報誌11月号に良い夫婦の日の花束プレゼントの記事を掲載しました。

 

応募期間は10月末日までで、JAひまわり管内の方5名に『サムライ08』や『ラ・カンパネラ』を使用したバラの花束をプレゼントさせていただきます。詳細はJAひまわり広報誌11月号に掲載されていますので多くの方の応募をお待ちしております。

 

RIMG4971

こちらは広報誌の取材を行っていた時の様子です。今回はJAひまわりの広報担当者にも協力していただきました、ありがとうございました。

今回のような取り組みを通じて『いい夫婦の日』にバラなどの花を贈ることが定着してくれたなら良いなと思います。

 

JAひまわり 指導 金子

2013.11.07

目揃い会を実施しました

10月23日に目揃い会を行いました。

RIMG5207

つい最近まで厳しい残暑が続いていましたが、10月下旬より夜間の温度が急激に下がりだしバラも秋~冬を意識した咲き前に変わってくる時期です。今のような季節の変わり目はどうしても生産者ごとに咲き前のバラつきが生じやすいため部会で目揃い会を行い調整を行っています。

RIMG5205

検査委員長が品種ごとに今の咲き前を提示し、生産者が確認を行います。今回の目揃い会ではスマートフォンで自分の作っている品種を撮影している方が多くみられました。撮影した画像を各家で確認し、目揃い会に出られなかった方にも内容を伝えているんだと思いました。

 

10月中旬より花のボリュームも大きくなってきました。目揃い会も行いましたのでJAひまわりバラ部会のバラが本格的に利用されるシーズンを迎える準備が整いました。セリ順も高冷地と暖地の入れ替えが行われたと聞いています、今シーズンもしっかりと出荷をしていきますのでよろしくお願いします。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

 

2013.10.31