バラ部会スタッフブログ

予防

こんにちは。

私事で申し訳ないですが、先日インフルエンザにかかってしまいました( ;´Д`)

3日間高熱にうなされ、体温が上がったり下がったりしてまともに寝れず、かなり体力を奪われてしまいました。

予防接種打ってれば、多少楽だったのかなぁ…って後悔しています。

それぐらいしんどかったです。

image

やっと今朝、熱も下がりまともに食事をとれるようになったので、少し仕事します。

まだ人と接してはいけないとのことなので、一人でコソコソやれる所から…

まずは、花縛り!そして、うどん粉病の予防をしなくては!!

 

2014.02.13

ローズメイト札幌花き園芸視察

平成26年1月16日、17日とJAひまわりバラ部会婦人部ローズメイトの札幌花き園芸の視察に同行してきました。

 

RIMG5768

RIMG5771

市場のセリを見学している様子です。現在は機械ゼリが増えていますが、ご覧のとおり札幌花き園芸ではセリ人による『手ゼリ』が行われています。セリの見学自体が初めての方も多く、次々に花が競られている様子に圧倒されていました。

 

RIMG5800

セリ見学の後は、定番の場内仲卸の見学を行いました。場内仲卸で販売されている自分のバラと感激の再会を果たされている方もみえました。他産地のバラを見る機会も少ないので、参加された方々は真剣に見学されていました。

 

RIMG5801

セリ終了後の若松担当に、バラの販売から品種・市場の仕組みなど様々な説明をしていただきました。市場の担当者と話をするのは初めてだったと思いますが、すぐに打ち解けて積極的な質問がたくさん行われるなど改めてローズメイトの方の意識が高いと感じさせられました。

 

RIMG5806

最後に市場の前で記念撮影を行いました。せっかく市場まで来たので記念撮影するのも良いですね。

札幌花き園芸の皆様、若松様、忙しい中対応いただきありがとうございました。

 

RIMG5764

こちらの写真は移動中の車内で撮影しました。訪問した際の札幌市内の最低気温は-8℃、例年より雪が多いようで街の中は真っ白でした。毎日雪かきをするので道路の端には雪が人の背丈よりも高く積み重なっています。これだけ雪が積もったり気温が下がったりしても、普段と変わらない日常が送れるのはすごいことですね。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014.02.04

スーパーブルゴーニュ

こんにちは。

ブルゴーニュという品種をご存じですか?

少し黄色を含んだ白バラで、カップ咲きの品種です。

ブライダルにぴったりの品種です。

そのブルゴーニュがパワーアップしたんです。

もともとあったブルゴーニュから大きいものだけを再選抜した

その名も「スーパーブルゴーニュ」です。(私が勝手にそう呼んでいるだけですが・・・)

以前のものよりかなり大輪です。

ぜひ手に取ってみてください。

DSCF0668

2014.02.02

春の陽気

20140129-173602.jpg

こんにちは。
朝晩冷え込む日が続いてますが、昼間は春の暖かさを感じる日が多くなってきましたね。そんな陽気の中、ちょっと油断していたら白い粉が…うどんこ病です、しかも花首に(ー ー;)
週に一回は防除しているんですけど出てしまいました。
世間ではインフルエンザが流行っているようなのでバラも人間もしっかり予防しなければ。

2014.01.28

長田バラ園視察

平成26年1月10日、今年も神奈川県の長田バラ園さんを訪問し新品種の視察を行いました。

 

RIMG5686

毎年恒例の長田バラ園視察、本年も多くの生産者さんにご参加いただきました。また南関東花き園芸の荒木さん、塩田さんにもご参加いただき新品種導入や既存の品種についてご意見をいただきました。

長田バラ園さんは京成バラ園芸さん・國枝バラ園さん・メルヘンローズさんなど主要な種苗会社の品種を栽培されており、私たちも新品種を導入する際には長田さんの話を参考にさせていただいております。

 

RIMG5740

こちらの品種はメルヘンローズさんの『サンアデュー』という品種です、黄色の発色が鮮やかで良いと思います。黄色のスプレーバラと言えばフレアーやシューティングスターが一般的ですが、新しい品種として期待できそうです。

 

RIMG5732

メルヘンローズさんのオレンジ色のスプレーバラ、『スティンガー』です。生産性が良さそうで気になりました。色も既存の品種とは少し違っているので印象に残りました。

 

RIMG5745

京成バラ園さんの赤スプレーバラの『レディラブ』です。花にボリュームがあり良いと思います。赤スプレーバラの作付が少なくなっているようで、昨年のクリスマスも赤スプレーバラの販売は堅調だったと聞いています。こちらの品種も期待できるのではないでしょうか?

生産者の方たちは今年の植え替え品種を検討している最中です。毎年各社から新品種が数多く発表されておりどの品種を栽培するか迷ってしまいますが、今回の長田バラ園さんのように実際に栽培されている方の意見や栽培現場の見学会は品種選定の参考になります。

長田バラ園さん、南関東花き園芸の荒木さん、塩田さん貴重なご意見をいただきありがとうございました。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

 

2014.01.25

新品種 ノヴァーリス

こんにちは。

今日は新品種の「ノヴァーリス」を紹介します。

DSCF0687

 

淡いラベンダーの花色でアンティーク調の花型が特徴です。

DSCF0685

ボリュームもあり、花持ちもよく、ほのかな香りもあります。

 

2014.01.23

コンキュサーレ

JAひまわりバラ部会のオリジナル品種、『コンキュサーレ』を紹介します。

 

RIMG4258

コンキュサーレはご覧のとおり、緑色のスプレーバラです。緑色のスプレーバラの品種自体それほど多くありませんが、こちらの品種は花も大きくキャベツのような珍しい花型をしています。

 

RIMG5666

開化が進むと、花の中心にヒゲ状の芯が良い感じにでてきます。蕾から満開まで様々な表情が楽しめるのもこの品種の面白い特徴です。

この品種を栽培することにした部会員の娘さんが『コンキュサーレ』という名前のバラが1本1,000円で売れている夢をみたことがあり、せっかくのオリジナル品種ならばということで『コンキュサーレ』という名前を品種名として採用しました。彼女の夢が実現することを願っています。

 

 

RIMG5664

コンキュサーレだけを束にして撮影してみました、とてもバラの花束に見えないところが面白いですね。花の色と咲き方がこれだけ珍しい品種は他にないと思います。

 

RIMG5665

アヴァランチェやティネケなどの白バラと緑色のスプレーバラを使用してブーケや花束を作るのが一般的ですが、コンキュサーレは花のボリュームと咲き方に特徴があり白バラの引き立て役として使用するのではなくメインの花材として使用することができるそうです。

栽培されている方からはピンクやオレンジなどのバラと同様に使用できると提案をいただきました。上の写真は『アイリーン(ピンク)』、『シンディ(オレンジ)』、『サニーシンディ(黄色)』と合わせて花束にしたところです。確かに他の色に負けることなくコンキュサーレも目立っていますね。

現在はコンキュサーレの栽培面積を少しずつ増やし安定出荷を目指しているところです。私たちもコンキュサーレの活躍を楽しみにしています、是非よろしくお願います。

 

JAひまわり 指導 金子

 

 

 

2014.01.19

大寒

こんにちは。

大寒を前に、今季一番の冷え込みが続きます!

外気温は10℃を下回り、乾燥した冷たい風が身にしみます(;+_+)

温暖な気候の愛知県ですが、この時期だけは冷えますね…。

 

やはり気になるのが重油の減り!!

CA3J0384

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤の矢印がもうこの位置に!年明けから減りが早いですね…(汗)

色々コスト対策はしてきたのですが、燃料費が一番のネックになります。

バラを市場に安定供給するためにも、重油価格は抑えて欲しいものです…。

 

2014.01.17

冬の夜

こんにちは。

寒い日が続いてバラもなかなか動いてきてくれません。

ってことで、冬真っ只中の今、
夜のハウスの環境はどうなってるのか⁉︎

以前は冬の加温は重油を燃やす
暖房機だったんだすが
重油の価格が上がり続けて
数年前からは暖房機が補助暖房で
メインはヒートポンプエアコンに
かわりました。

今の時期は生産者によって違ったり
しますが、大体pm16:00~am8:00位
までエアコンを稼働させてます。

エアコンを設定温度20度位で
動かしてるんですが、この時期は
どうしても除霜で頻繁にエアコンが
止まってしまうんですね。

そうすると、ハウス内はすぐに室温が
下がっちゃうんです。
そこで暖房機を17度位に設定して
ハウス内の温度が下がり過ぎないように
してるんです。

下のグラフで、赤が温度で、青が湿度
なんですが、ギザギザの数だけ
暖房機が動いてるんです。

一応、朝まで17度は維持できてる
みたいです。

因みにこの日の朝の外の最低温度は
−2度でした。

20140112-213434.jpg

長々とすごく分かりにくい文章になって
しまいましたが
燃料費や電気代に悩ませられながらも
夜もしっかり環境制御してやらないと
この時期は特にバラたちの動きが
鈍ってしまうんです。

2月のフラワーバレンタイン、3月の
卒業式シーズンと、バラを沢山使ってもらう為に
一切手なんか抜けません‼︎

2014.01.12

寒中見舞い申し上げます。

こんにちは。

昨日、今日と最低気温が0℃を下回りました(写真は今日の気温です)。

暦の上でも寒中となり、一年で一番寒い時期です。

夜間のメイン暖房のヒートポンプはフル回転。

補助暖房の暖房機も頻繁に動いています。

重油の高騰で、極力、暖房機は動かしたくないのが生産者の本音です。

しかし、みなさんに多くのバラが供給できるように

暖房費を削ることなく、この冬を越えていきたいと思IMG_0477います。

 

2014.01.07