バラ部会スタッフブログ

農業者生涯教育講座

梅雨なのに晴天続きからの、久しぶりの雨降りの一日でした。

本格的な夏を前に

先日愛知県農業大学校で「花きの高温対策技術」について、

研究報告会が開催されました。

ドライミスト・細霧冷房、寒冷紗使用の自作パットアンドファンの紹介

が講演の主な物でした。

湿度障害・高コスト、課題が未だ多く直ぐに導入出来る訳ではありませんが、気に留めておきたい技術と思います。

 

IMG__1 IMG_4_

 

 

 

 

 

 

我が家の高温対策です。次の手を考えなければと思いながら帰宅しました。

2014.06.19

ローズメイト 父の日 バラ贈呈

今年の6月15日は父の日です。父の日のPRのために6月8日(金)にJAひまわりローズメイトが豊川市長とJAひまわり組合長を訪問してバラの花束とアレンジフラワーを贈呈しました。

 

RIMG6057

RIMG6058

今年も豊川市長とJAひまわり組合長にバラの花束・アレンジフラワーを受け取っていただきました。母の日に比べ父の日は花を贈ることが少ないみたいです、少しでも花を贈る習慣が根付けばと思います。豊川市長にバラを贈呈しているところは地元新聞紙に掲載していただきました。

 

RIMG6053

 

RIMG6052

今年はアヴァランチェを青く染色してみました。花を切ってすぐに染色剤で処理すると上の写真のとおり綺麗に仕上がります。生産者ならではの技術ですね。

有名な話ですが、バラには青い色を発現する遺伝子がないので自然に青いバラが誕生することはありません。青い色のバラの需要も気になるところです。青と言えばワールドカップ2014ブラジル大会も始まりましたね。日本代表も是非頑張ってもらいたいものです。

 

JAひまわり 指導 金子

2014.06.17

ラミネートのおかわりです‼︎

今年度作ったA4ラミネート加工の
品種リスト。

20140612-131713-47833472.jpg

20140612-131712-47832559.jpg

取引市場に送らせて頂いたところ
もっと送って欲しいと
各市場から要請が。

ありがたいっす‼︎
作った甲斐があるってもんです‼︎

ってことで、増刷しました。

お得意様はモチロン
普段ひまわりのバラを使ったことの
ない花屋さんにも手にとって貰いたいですね‼︎

2014.06.12

植えかえ日記15

定植から101日目。

2ターン目とあってか、1回目と比べて
芽吹きが違います‼︎

20140609-145143-53503600.jpg

さて、梅雨入りしましたね。
彼らもよくハウスに出没して雨の季節と
実感します。

20140609-145224-53544547.jpg

20140609-145223-53543843.jpg

この時期は本当に気を遣います。

雨で湿度が高いのもですが
特に夜間は非常にデリケート‼︎

ハウス内で温度が17~20度位の
湿度が90%位あるので
花シミやボトが発生しやすい環境に
なりやすいんです。

なので、夜間はヒートポンプや暖房機を
強制的に動かすことで
少しでも湿度を下げるように心がけてます。

バラの価格も非常にキビしくなって
きてますが
バラが安いからといって手を抜くことは
出来ません‼︎

せっかく買って貰った花が使えないじゃあ
信用問題ですから。

経費削減も重要ですが、これは削ることが出来ません‼︎

去年は梅雨明けが7/7でしたが
平年通りだと7/20頃だとか…

早く明けてくんないかな( ;´Д`)

2014.06.09

花屋さん訪問④

『フローリストはなこま』さん

長野市の近隣、須坂市に本店を構えスーパーを中心に、4店舗経営されている。

 

image

敷地の広い本店には、広い駐車場が完備されており遠方からのお客様にも対応している!先月の母の日には、警備員が立つほどの大盛況だったとのことです!!

 

image

広い店内には、切り花をはじめ鉢物や観葉植物などの品揃えも豊富で、お買い物を楽しませてくれます。

 

image

はなこまさんでは、葬儀需要にも力をいれておりオリジナルの生花祭壇を手掛けているそうです。

バラはブライダルで注目されがちですが、近年ますます増えることが予想される生花祭壇に、少しでも使用して頂きたいものです。

 

 

2014.06.06

豊川おいでん祭

平成26年5月24日(土)、25日(日)に今年も豊川おいでん祭に花き連合として参加し、アレンジフラワー教室を行いました。

P1060202m

豊川おいでん祭のアレンジフラワー教室は毎年恒例となっており、毎回多数の方にご参加いただいております。

 

P1060205m

アレンジフラワーの先生はバラ部会フラワーサークルの方にお願いしました。いつも忙しい中ありがとうございます。土曜日の午前中は出荷の時間と重なりますが、対応していただきありがとうございました。

 

P1060198m

今回作成したアレンジフラワーです、バラ以外にもJAひまわり管内で作成されているガーベラ・スプレーマムも使用しています。豊川市が全国有数の花の生産地であることが、少しは伝わったでしょうか?地元の方に花を楽しんでいただくイベントも良いものですね。

 

今回のアレンジフラワー教室は2日間で230名以上の方にご参加いただきました。参加していただいた皆様、講師を務めていただいたフラワーサークルの皆様、ありがとうございました。

 

JAひまわり 指導 金子

2014.06.06

バクテリア検査

平成26年5月19日(月)、本年度の第1回目のバクテリア検査を行いました。

RIMG5996

JAひまわりバラ部会では、年数回バクテリア検査を行っています。水入り輸送を行うようになってからは、輸送中のバクテリアの繁殖により導管がつまり水揚げ不良が発生するベントネックという品質低下が課題になりました。

各部会員は部会鮮度保持規定に基づく水揚げやバケツの衛生管理を行っておりますが、年数回の抜き打ち形式のバクテリア検査を行うことで鮮度保持に対する認識を徹底するように心がけています。

 

RIMG5998

今回も部会員全員を対象に検査を行いました。これから気温も上昇しバクテリアの繁殖も注意が必要になってきます。

引き続き部会員の皆様には鮮度保持の徹底をお願いします。

 

JAひまわり 指導 金子

 

2014.06.04

植え替え

植えかえシーズンがやってきました‼︎

当ブログで3月から植えかえ日記を更新してますが
我が家では5月~6月の時期に植え替えをします。
人によっては苗の負担を考えて、もっと気温の低い時期に定植することもあります。
ロックウールマット1枚(30×91㌢)に8株乗せ2列で定植してみました。12株乗せ2列や12株乗せ1列など、いろいろ試行錯誤してますf(^ー^;
最近では、密植よりも株ごとの距離をあけて1株の占有面積?を確保した方が良いなんてことも・・・

image

雑草が生えないようにしっかり閉じて♪
完成です(^-^ゞ

image

2014.05.29

植えかえ日記13

定植から87日目。

倒してから45日経ちました。

毎日、絶好調で切れてますが、そろそろ
ひと段落しそうです。

見事に母の日からずれて
あまりバラを必要としてない時期ではありますが
切り始めという事もあって
色、ボリュームともかなり良いコンディション‼︎
20140525-200656-72416421.jpg

20140525-200711-72431538.jpg

写真でも分かると思いますが
立ってる木がだいぶ少なくなってきました。
同じタイミングで倒したので
一緒に切れ始めて、一緒に切り終わりそうです。

ただ、この揃って切れるのはイベントや需要期など
タイミングが合えば良いんですが
栽培的にはには、あまり良くなくて
出来たら、一つの株の中に常に立ってる木が
ある状態にしたいんです。

なので、なるべく頻繁に圃場を回って
首曲がりや、細いものなどを早い時点で
倒したり処理して、なるべく揃ってこないように、意識してます。

そうしてるうちに、同じハウスに植わってる
イヴピに‼︎

20140525-200831-72511998.jpg

蛾の卵です。
コイツらが孵ると花をかじりだすんで
要注意です。

もうそんな季節なんですね(´Д`ι)

2014.05.26

浜名湖花博2014

5月15日(金)にローズメイト視察研修で浜名湖花博2014に行ってきました。

 

RIMG5960

今回は浜名湖ガーデンパーク会場を訪問しました。入場時にお決まりの記念撮影、天気も良く見学日和でした。

 

RIMG5978

会場には様々な花で庭園やオブジェが作られており、見ごたえ十分でした。今回はバラが沢山使われていた『印象派庭園 花美の庭』を紹介します。上の写真ではイングリッシュローズを使用した巨大なアーチが作られています。

 

RIMG5981

黄色のつる性のイングリッシュローズです。輪付きや花型が素晴らしいです!!カタリナと似た感じの品種ですね。

 

RIMG5983

こちらの屋敷はバラで飾られています。近くで見るとすごい迫力で、多くのお客さんが写真撮影をしていました。

 

RIMG5962

会場で栽培されているバラはガーデニング用の品種が多いのですが、中には知っている品種もありました。こちらのスプレーバラは『エクレール』です、ガーデニングのバラとしても使用できるんですね。

 

RIMG5990

別の会場で見つけました、『フラワーボトル』というらしいです。ビンの中にバラなど花が入っていますが、造花でもプリザーブドフラワーでもありません、生花をシリカゲルで脱水した後にビンを密閉することで何年も生花とほぼ同等の色合いを楽しめるそうです。

ドライフラワーの一種だと思いますが、ここまで生花の色合いを保てるのは驚きです。そしてビンの中にどうやって花を入れたのでしょうか?非常に興味深いです。

浜名湖花博で多くの方がバラの見学をしている姿を見て、改めてバラというものの人気を感じました。そしてガーデニングやフラワーボトルなどを通じてバラ消費の裾野が広がり新しい需要が発掘できればと思いました。

浜名湖花博2014は6月15日(日)まで開催しています、会場には花以外に様々なイベントやおいしい食べ物もあるのでお勧めのスポットです。多くの方に見学していただきたいと思います。

 

JAひまわり 指導 金子

 

2014.05.24